効率の良い農業の仕方

 

農業をすることによって、布の安定供給お茶を作れるようになります。

 

ここでは、効率の良い農業の仕方について説明します。

 

水の供給量の関係から、2×3の大きなプランタースペースを確保、拡張していくのが良いと考えられます。

 

 

コンパクトで効率の良い拠点

 

必要なもの

・建築素材、扉、工具棚
・大きなプランター×6
・シーリングライト×3
・スプリンクラー×2
・発電機(風車か大きなソーラーパネル×2+混合器)
・バッテリー(ミディアム以上)
・スイッチ
・分岐器×2(電気浄水器を使う場合は3個+流動スイッチ)
・ウォーターポンプ
・ワイヤーツール、ホースツール

 

 

@まず水の上に、大きなプランターを置く場所と、電気部品や箱を置く場所で4×3を作ります。一カ所だけ土台を壊します。

 

 

 

A壁(大きなプランターを置く場所には小さな壁)を置いていきます。

 

 

 

B発電機、バッテリー、スイッチ、分岐器×2、ウォーターポンプを設置。

 

 

 

C大きなプランター×6、シーリングライト×3、スプリンクラー×2を設置。

 

 

 

D次は配線を行っていきます。

 

1、発電機からバッテリーへ

 

2、バッテリーから分岐器へ

 

3、分岐器のPower Outから分岐器へ

 

4、一つ目の分岐器を「6」にセットし、Branch Outからシーリングライトへ

 

5、シーリングライトのPassthroughからシーリングライトへ×2

 

6、二つ目の分岐器を「6」にセットし、Branch Outからスイッチへ

 

7、スイッチからウォーターポンプへ

 

8、ウォーターポンプの水をスプリンクラーへ

 

9、スプリンクラーのPassthroughからスプリンクラーへ

 

 

 

Eこれであとは種を植えるだけ!

 

二つ目の分岐器のPower Outは余っているので、何か必要になったら使えます。

 

電気浄水器を置く場合は、分岐器から「5」の電力を送り、ウォーターポンプからインして流動スイッチへアウトしましょう。

 

流動スイッチも電気が「1」以上必要です。

 

 

品種改良・交配についてはこちら